読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜあの人はオモロいのか?〜lol’s blog〜

何気ない日常の会話に、ウケるスキルで笑いを起こす(^_^)v

言いづらいことが言いやすくなる方法パート2

もし、あなたが普段の会話でもっと笑いが取りたいなら、このブログはあなたのお役に立てると思います。何気ない日常に笑いを。

 

今日も、前置きの続きです。

昨日は営業のワンシーンでしたが、今日は別のシーンでの前置きです。

 

先輩がワザとじゃないけど、結構なポカをやらかしました。

「見積りの会社の宛名を集英社と書くところを、誤変換で臭英社で出しちゃったよ。」と言ってきました。あなたなら、どう声かけますか?

「出しちゃったものは仕方ないですよ。」と、取り敢えずなぐさめる。

「よくある事ですよ。」と同調する。(よくある事ではない)

「相当やっちゃいましたね」仲良ければOKですが、イラッとされるリスクあります。

 

 

本当は、「アホか」と思ってるわけです。しかし先輩なのでストレートに言うわけにはいきません。

そこで、本音を言う前に、相手を立てつつクッション「こんな事を尊敬する先輩に言うのは百万年早いんですが、、、」を入れます。

それから、本音の「アホですか。」と続けます。「アホですか」がだいぶ弱まりますし、やはり笑いが起きます。

 

前置きはとても使えます。

明日は褒めバージョンの前置きの話をします。