読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜあの人はオモロいのか?〜lol’s blog〜

何気ない日常の会話に、ウケるスキルで笑いを起こす(^_^)v

マイナスイメージに応える

もし、あなたが普段から笑いたい笑わせたいと思っているならこのブログはお役に立てると思います。笑いの事例を収集、ウケる仕組みを分析し、ゆる〜い感じで体系化しました。簡単に実践できるよう、わかりやすく具体的にご紹介してきます。何気ない日常に笑いを!

 

今日は「相手のマイナスイメージに応える」です。

 

一年ほど前に退社した元同僚をフットサルに誘いました。

元同僚とは社内のフットサルにはよく行っていましたが、そこまで仲が良い感じではありませんでした。

メールで誘ったのですが、一週間経っても返事が返ってこなかったため、今度のフットサルに一緒にゆく会社のメンバーに相談しました。

 

私「一週間経ってもメールが返ってこないんだよねー」

Bくん「えー、あの人そんなメール返さない人じゃないけどなぁ、、、本当にメールが届いていないか、もしくは本当にlolさんのことを嫌っているか、、、」

(ちょっと含んだ言い方でフってきているのがわかります)

 

 

 

私「多分、、、、、、嫌われてるんだろうな」(ボソッと言います)

Bくん「ギャハハッ」

 

相手の、期待しているマイナスイメージに応えることにより笑いを生むことができます。ある意味ノリツッコミみたいな感じですね。

 

では。

ゲラノロル

 

 

 

 

 

毛穴ばばあの件

はてなブログに出てくる広告『毛穴ババアと呼ばれて本気出した結果』がウザいなぁと思っていたんです。しかし、余りにも何回も出てくるから、根負けして見てしまったんですね。そしたら、

 

「毛穴の開き」ってホ~ントムカつきませんか?(笑)

パックで赤くなってしまった鼻と黒い角栓で、まさにイチゴ鼻の状態。

昔付き合っていた彼氏が、私の赤い鼻を摘まむような仕草で「イチゴ狩りできるねっ」と言ってきたときは、マジで殴ってやろうかと思いました・・・。

 

イチゴ狩り!オモロイやないかッ(≧∇≦)でも、、、

だとしたら、それ壊死や。はよ、病院行かな。

 

そんで、そんなイチゴ鼻の奴見たことないけどなぁと思ってたんです。

 

でも、アンテナ張ってたら、不思議です今まで見えていなかったものが見え出しました。

おりました、会社に。

もうね、イチゴ鼻をいじりたくてしょうがなかったんですが、今日は忙しくて断念。

こんな身近におるんやと、広告勧めたらなと思っています。

 

 

では。

何度も同じことを繰り返す

もし、あなたが日常で笑いが欲しいと思っているなら、このブログはお役に立てると思います。笑いのメカニズムを収集し体系化。何気ない日常にちょっとした笑いを!

 

今日は「何度も繰り返す」です。

よい事例が見当たりませんでした(ToT)

なので、youtubeから持ってきました。

しかし、破壊力抜群です。

大好きです!

 

吉本新喜劇のすっちー&吉田さんの

「乳首ドリルすな」です↓↓↓

 


やっぱり すち子さんオモロイわ〜(笑)と、松浦真也&吉田裕の歌ネタ

すみません。

モバイル端末で見れないって表示されますね。(;´д`)

なんでだろ?フェイスブックでは再生できたのに(*_*)

知識不足で申し訳ありません、勉強します^_^

 

一時間後、、、

 

改修しました。スマホでも見れるようになりました。

やっぱりオモロイッ!

あーーー、お腹痛い(笑)

 

では。

先を読ませておいて逆を言い裏切る

もし、あなたが日常でもっと笑いが欲しいと思ったら、このブログはお役に立てると思います。笑いのメカニズムを収集し体系化。ウケるトークスキルで何気ない日常に笑いのシーンを増やしましょう。

 

今日は「逆を言う・裏切り」です。

こう言うだろうなと思わせておいて、逆のことを言ったり、裏切る発言をします。

 

 

 シーン1

(上司からの無茶振り残業を手伝ってもらっている)

A「うわーーー、サンキュー!残業もう終わったよ!マジで助かったわ。なんでもおごるよ、ってかなんか奢らさせてください!」 

B「マジで!?やった!これはねー飯おごるレベルでは済まされないですよ!」 

A「ですよね!ですよね!もうね、なんでも好きなもの言ってよ。。。

で、何ドナルドがいい?

B「限定じゃん(笑)」

 

シーン2

(居酒屋にて)

A「結構メニューあるねー」

B「ホント、迷うなぁ」

A「取り敢えず店員さん呼ぼうよ」(ピンポーン)

店員「はい、ご注文は?」

A「ビール二つ、それと、、、ここのお店のオススメは?」

店員「今日は、ズワイガニのカニ鍋ですね。」

A「なるほどぉ、、、じゃあ、寒ブリ。」

店員(なんで聞いた?

B「なんで聞いた?(笑)」

 

では。

ダイバーシティって悪意があるなぁ、、、と

今日はサクッといきます。

 

お台場ダイバーシティ東京

「東京のダイバー好きが集まる街・お台場」だとばかり思ってました。疑いもしなかったです。

あなたもそう思ってますよね、ふふふ。

 

 

でもダイバーシティって、多様性って意味なんですって。

ややこしいッ!バラエティーでいいんじゃない?

危ないところやったで、このまま人様に言っていたら大恥かくところやったわ。

名前付けた人も「ダイバーシティにしたら、ダイバーの集まる街って勘違いする奴絶対おるで、ククク」と思いながら命名したんだろうなぁ、、、とネーミングに悪意を感じる今日この頃。

適当

もし、あなたが、日々の生活で笑いを増やしたいと思っているなら、このブログはお役に立てると思います。笑いのメカニズムを収集・体系化。人生に笑いの時間を増やすウケタイム。

 

今日のテーマは「高田純次化」です。

 

これは高田純次さんのパターンで「驚いた後、マイナス1する」です。

 

あなた「お母さん歳お幾つ?」

おばさん「ええ?私?、、60歳」

あなた「えー!60歳には見えないなぁ!59歳かと思った。」

おばさん「あははは!」

 

上司「俺、最近、健康に気を使おうと思って、すごいサプリメント飲んでんのよ。」

あなた「へー?どれくらい飲むんすか?」

上司「一回で10種類くらい飲んでる。色々と体に良いやつ。」

あなた「えー!それは飲み過ぎですよ、せめて9種類くらいにしないと。」

上司「あんま変わらんわ!」

 

(結婚式二次会にて)

あなた「お前、なんぼ包んだん?」

友人「え?3万円」

あなた「え!あんなに世話になったのに?もっと包まないと。」

友人「でも、相場だろ。」

あなた「せめて、3万100円は入れないと、、、」

友人「ほぼ同じだよ!祝儀袋に小銭入れてんじゃないよ。」

 

すごいですねとか驚いた後、ほんの少しだけ減らし(増やして)てコメントする。

相手もすぐに冗談だと察するので、ツッコまれやすいです。

 

他有名な高田純次さんのフレーズを紹介します。

「こんにちは、ジョニーディップです。」

「朝からいい男ですみません。」

「君はS?それともM?僕はLだけどね。」

 

では。

 

 

韓国あるある

もしあなたが、日々笑って過ごしたい、笑ってもらいたいと思っているなら、このブログはお役に立てると思います。笑いのメカニズムを収集・体系化。ウケるトークスキルで何気ない日常を笑いで彩りましょう。

 

今日は「ふ」を「ぷ」に変えて言うです。

昨日に引き続き、あるあるネタです。韓国あるあるになります。

私は、仕事の関係上、韓国の方とやりとりをする事があります。

仮にパクさんとします。パクさんは日本に来て20年も経ち、永住権も取得しています。日本語も流暢に喋れますが、発音は直らないみたいです。

特に気になるのが「ふ」と「ぜ」なんです。

パクさんは「ふ」を「プ」、「ぜ」を「ジェ」と発音します。

会話の節々で出て来ます。例えば「OFF」を「オプ」と言い、「全部」を「ジェンブ」と言います。しかし、語感が可愛いので少し微笑ましくもあります。

パクさんに来社してもらった時に、日本語発音テストをやってもらいました。

「湯豆腐」って言ってみて下さいと振るとパクさんは「ゆどうぷ」と返して来ました。予想どうりの回答です。でも私は大笑いです。なんかカワイイんですよね。

じゃ、「ぷ」はどうなるんだろうと思って、「ダンプ」は?と聞くと「ダンプ」と返って来ました。どうやら「プ」は「プ」らしいです。

ちょっと長めの単語だったらどうなるんだろうと思い、「カッターナイフ」は?と振ると、パクさんからは「カッターナイプ」と返って来ました。

やっぱり、「ふ」って言えないんだなぁ、でもなんか可愛くてウケるなぁ。

さらに、「捨て台詞」って言ってみて下さい。と振ると、「ステジェリプ」とWで韓国発音となり、なんかワイルドな感じになりました。

最後に普通に、「A,B,C,D,E,F」って言ってみて下さい。と言うと「エー、ビー、シー、デー、イー、エプ!」っとパクさんもちょっと調子に乗ってエプの部分を強調して来たので、ヤリにきやがったと思いましたが、それでもシンプルで面白くて、爆笑してしまいました。

そしたらパクさんが、普通に「ふふふ」と笑っていて、(なんや!パクさん『ふ』って発音できるんかよ)と思いました。どうやら笑うときは「ふ」の発音ができるみたいなのですが、話がややこしくなりそうだったので、「ふ」の発音ができないと言う状態で終わっておきました。

 

では。